SAINOKUNIBRAND

ENTRY No. 0005オーガニックファーム 所沢農人(のうと)

PROFILE

畑の野菜たちが「おいしい」をアピール 川瀬 悟さん

会社員から一念発起して農業研修を受け、2018年から本格的に農業を始めています。
自然環境や生き物の力を借りた栽培が最良という信念を持ち、かつ、持続的なおいしい野菜作りを追求した結果、化学合成肥料や農薬を使わないオーガニック栽培にこだわることになりました。多品種の栽培にも取り組み、年間150品目の以上の野菜を生産しています。畑の野菜たちは四季ごとに本来の色や味を持ち、おいしさをアピールしてきます。

野菜と土と自然環境でおいしくなった旬の野菜

春夏の旬の野菜は玉ねぎやトマト

他にもエンドウやキュウリなど、あざやかな緑や赤の色どりとおいしさを食卓にお届けします。

秋冬はニンジン、里芋、カラー大根が旬

ニンジンはえぐみがなく、煮込み料理だけではなくサラダにも最適です。カラー大根と合わせてサラダにすると食卓が華やかになります。

有機的なつながりを求めて

現在では科学や設備の開発によって、四季を問わず様々な野菜が出回っていますが、川瀬さんは旬の野菜にこだわっています。旬とはもっとも適した盛んな時期です。つまり、その野菜がもっともおいしく、たくさん収穫できる時期ということです。
農薬や化学肥料を使わないオーガニック(有機)栽培の野菜で、所沢の畑からみなさんの食卓まで命や生活が有機的につながることを願っています。